元気よく泳ぐために

 このコーナーではクマノスに寄せられた様々なお悩みを解決して、元気よく泳いでもらうための情報を掲載します。私たちの身体は十人十色でそれぞれ違います。自らの理想の泳ぎを獲得するためのヒントに少しでもなって頂ければと思います。

クロールでのキャッチが上手くいきません

早く泳ぐ基本的なコツは「しっかりとできるだけ多くの水をキャッチして、捕らえた水を加速的に押す」ことで高い推進力を得ることなのですが
 
けれどもなんか上手くいかない。そんな方は以下のことに気をつけて見ると、元気にパワフルに水を掻くことができるかもしれません。
 

 

トップのポジションで掻き過ぎているかも?

 
コーチに「なるべく水をたくさんキャッチしましょう」と言われたので
 
頑張って水をキャッチして掻いてみた
 
なるべくトップのポジションで水をキャッチすることでなるべく多くの推進力を得ることが出来ますが
 
何事も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」で、掻き過ぎてしまうことがあります
 
キャッチする際、解剖学的には肩の動作を「肩を内旋する」と言います
 
人間の構造上、肩の関節はトップのポジションでキャッチをする内旋動作には限度があります
 
それには個人差が大きく、またそれが個性にもなりますが
 
その肩の内旋動作をトップポジションで過度に行うことで、力が入りづらくなったり、肩関節に負担がかかってしまい痛みが出てしまうことがあります
 
解決策としてはフォームと柔軟性の改善がカギになります
 
特に柔軟性はどんなに綺麗なフォームを意識していても
 
体の柔軟性がないために「やりたくてもできない」可能性があります
 
 
まずは肩関節の柔軟性チェック
 
1、肩の後ろ側を伸ばすストレッチ1(エルボープル)
 
2、肩の後ろ側を伸ばすストレッチ2(スリーパーストレッチ)
 
3、肩の後ろ側を伸ばすストレッチ3(チキンウイング)
 
 
フォームのポイントは
 
1、キャッチの際にトップポジションで内旋し過ぎないようにすること
 
2、腕を後方に掻きながら徐々に内旋させる意識を強くしてみること
 
以上のことに注意してみましょう
 
 
自分の理想のキャッチを実現するために最低限の柔軟性と、現在の可動域の限度を見極めることが元気よく泳ぐために大切になっていきますね
 
クマノス?